不動産の売買にまつわるトラブル

投資用マンションを購入しました。けれど、購入価格が相場の実勢価格(実際の取引が成立する価格)よりも極めて高かったことがあとで判明しました。相場の価格をきちんと説明すべきではないでしょうか。

過去の判断で、実際に説明義務違反であると認められたケースがあります。ただ、常に実勢価格を説明しなければならないということではなく、取引を行うか行わないかに関係するような重要な情報であれば説明する必要があると思います。
 寄付について

政治資金の迂回寄付、トンネル献金とは何ですか。

政治資金規正法上は、本当は許されない寄付・献金なのですが、一定のルートを経由するなどして、一見すると適法に見える寄付・献金とでもいえばいいでしょうか。脱法行為(抜け道)として違法ではないかと指摘されていますが、実際には取り締まることは難しく、常態化しているといわれています。
弁護士はそれぞれのトラブルをどのように解決するのですか?

自宅の押し買い・訪問購入被害にあったら、どうすればよいでしょうか。

すぐにご相談ください。取引の状況、ご相談者の認知レベル、自宅の売却価格などを中心に事実関係をお聞きして、適切なアクションを取っていきます。
 寄付について

寄付をいただく際に気を付けることはありますか?

選挙期間中なのか、そうでないのか等によって寄付をいただく場合のルールが異なります。
投資トラブル、詐欺問題

デート商法、結婚詐欺って何ですか。

いわゆる、恋愛感情を利用して、それに付け込んで、アクセサリー等の高額な商品を交わせる悪徳商法です。
SNSを利用するうえで気になる悩み

政治家がSNSでだれかを批判するとき、またはSNSで誹謗中傷を受けるとき、どのような発言・発信・投稿が名誉毀損表現になるのでしょうか。

その投稿が人の評判や評価を貶めるものであるか、仮に貶めるものであっても、全く事実無根のエピソード、虚偽の事実関係を前提とするものか、真実を前提にしている場合であっても、言い過ぎてはいないかを吟味しましょう。
不動産から退去するとき

現在、家を貸しています。契約期間は2年間なのですが、この際、2年が満了するときに、家を返してもらおうと思っています。その場合、何か気を付けることがありますか。

契約期間が満了する日の6か月から1年の間に、契約の更新拒絶通知を送っておかねばなりません。また、法律には、更新しないことを示す「正当な事由」が必要です。
事務所を開くにあたっての悩み

事務所を借りるときに気を付けなければいけないことはありますか。自分の身内が格安で貸してくれるといっていますがいいでしょうか。

身内から事務所を借りることは違法ではありませんが、相場の賃料に比べて、法外に高すぎず、安すぎず、留意しましょう。
投資トラブル、詐欺問題

リフォーム詐欺って何ですか?

屋根工事、住宅修理などの名目で、突然、業者が自宅に来て「このままだと大変なことになる」と不安をあおってきます。いきなり言われるので、不安になって、多額のお金を払ってしまうのですが、その工事が杜撰(ずさん)だったりするという被害が増えています。訪問販売には応じないようにしましょう。
投資トラブル、詐欺問題

詐欺・投資被害トラブルにあったかもしれません。どうしたらよいでしょうか?

警察に行くのも重要ですが、弁護士に相談するか、または、地域の消費者生活センターに行くのも同じくらい重要です。事実関係について丁寧にお聞きしたうえで、一緒に解決方法を模索することになります。
タイトルとURLをコピーしました